HOMEディーシーエヌ コラム



2013/06/14 ポイント連携

7月1日よりYahoo!ポイントとTポイントの連携が始まるようだ。
いずれも4000万人以上の会員をかかえるビッグサイトだが
この連携により共同利用される個人情報の数はどれぐらいになるのだろうか。
Tサイトを見ると提携ブランド数158、利用店舗数57,977(2013年4月)とある。

ポイントプラグラム参加企業の顔ぶれは

TポイントとTカードの総合サイト[T-SITE]
http://tsite.jp/pc/r/al/list.pl

で確認できるが、ほとんどのライフシーンでポイント利用が可能な状況だ。
一企業にこれだけのライフログが集積され
かつ共同利用されることに少し抵抗があるというのが正直な印象である。

利用することでポイントが貯まり
貯まったポイントは様々な商品やサービスに適用される。
そのことが利用促進の原動力でもあり
裾野が広がるほど享受できるメリットも大きいため
今後も拡大路線は続くだろう。

企業ポイントは数の論理に基づく。
母数が多くなればすればターゲット抽出量は多くなり
利用履歴が多いほどマッチング精度は高くなる。
まさに最適化されたマーケティング手法の具現である。
となれば連携を増やし、利用を促進することが
収益アップにつながる課金ビジネスモデルともいえそうだが
提携する企業にとっても十分に魅力的である。

その昔、顧客の囲い込みという言葉が使われたことがあったが
すでにこれだけの母数を保有する企業があれば
新たに集めるより、お金を払ってデータ活用したほうが合理的との判断があって不思議はない。
今後もポイント連携がどう進んでいくのか目が離せない。


このページのトップに戻る