HOMEディーシーエヌ コラム



2013/07/18 ビッグデータとプライバシー

“ビッグデータの利活用”が動き始めている。
JR東日本が日立に提供したSuica乗降履歴データについて
「日立 交通系ICカード分析情報提供サービス」が開始された。

http://www.hitachi.co.jp/products/it/bigdata/field/statica/

同サイトでは以下の注釈があり、個人情報は含まないとしている。
※Suicaは、JR東日本が発行する総発行枚数4000万枚を超える交通系ICカードです。
※履歴情報は個人情報を含まない形で提供されております。

ビッグデータの取扱いについては
最大限プライバシーに配慮することは当然ではあるが
JR東日本が事前に利用者に説明がなかったことについて不安視する声もあるようだ。
同社HPの「個人情報の取扱いに関する基本方針」では
特定の個人が識別可能な個人識別情報を対象としており
今回の履歴情報には個人情報が含まれていないとして
利用目的や第三者提供について特に説明がされなかったのかも知れない。

一方、日立のサイトには
「ビッグデータビジネスにおける日立のプライバシー保護の取り組み」が公開されている。

http://www.hitachi.co.jp/products/it/bigdata/approach/wp_privacy.pdf

対象はビッグデータの利活用を検討する事業者のお客様と書かれているが
一般利用者が見ても分かりやすい表現で良くまとめられている。

数年前には直接的に個人情報に該当しなければ
取得・利用しても問題ないといった風潮もあったが今では通用しない。
ビッグデータビジネスを推進するなら
パーソナルデータの取扱いやプライバシー保護に関する取り組みについて
事業者は、一般の消費者がわかるように説明しておく必要がある。
今後、さまざまな履歴情報が匿名化された上でビッグデータとして活用されていくだろうが
まずは利用者の不安を払拭し社会的コンセンサスを得ておくことが不可欠である。
何がどう安全なのか? プライバシー保護は大丈夫か?など
まずは事業者目線ではなく消費者目線での説明が優先される。


このページのトップに戻る